iPhone 7 Plusでズーム時に望遠レンズを使っているか確認する方法

0170-aa4cb09f57bbdebfe9f45df14a1bfeca81bbed49

 iPhone 7 PlusでiPhone史上初レンズが2つ搭載されました。広角レンズと望遠レンズとなっており、これにより2倍の光学ズームや被写体の背景をぼかすことができる被写界深度エフェクトを可能とします。

 この光学ズーム、カメラアプリを起動すると画面中央下に倍率表示がでているのでこれをタップするだけ。一瞬で2倍のズーム状態に切り替わります。もちろん従来通りピンチイン/アウトでの調整も可能です。

IMG_2417

 光学ズームは通常レンズの位置を調節することで焦点距離を変化させて被写体に寄って映しているので画像の劣化が無いのに対し、デジタルズームは凄く簡単にいうと画像を拡大して切り出しているのと変わらないのでどうしても荒くなってしまいます。

 で、この待望の光学ズームですが、実は全ての撮影に適用されるわけではありません。

 実は被写体との距離が近いと無効となり、同じ2倍ズームでも従来のデジタルズームが適用されることがあります。

確認方法

 ズームが光学になっているか確認する方法は簡単。iPhone本体の中央側レンズを隠すだけ。

iphone7pluslens_03

 この中央側レンズが望遠レンズなので、光学ズームの際はコチラに切り替わっているんですね。これが切り替わっていなければデジタルズームになっているというわけです。

 実際にやってみると、遠景を映しているときに望遠レンズを隠していると「2x」を押した瞬間画面が真っ暗に。

iphone7pluslens_11

iphone7pluslens_12

 つまりちゃんと望遠レンズを使おうとしている状態です。

 対して、被写体が近い状態で「2x」をタップしてもそのまま普通に2倍ズームの映像が映ります。これはレンズが望遠に切り替わらず広角レンズでのデジタルズームなわけですね。

iphone7pluslens_09

iphone7pluslens_10

 他にもレンズの切り替えには暗さも影響します。

 もちろん毎回こうやって確認するのは効率が悪いですし、レンズが汚れる可能性も高いのでそこまでオススメはしません。

 この確認方法の活用の仕方としては、自分が撮影する環境で何回か試せば光学が機能する大体の距離感や明るさの感覚が掴めると思うので自然と使い分けができるようにするための指針にするのがいいかと思います。

 ただ最終的には本人が”取れた画像に納得がいくかどうか”なので、光学かデジタルかあまり気にせず全体的にズームしても綺麗に撮れるようになったくらいの感覚の方が気楽かもしれませんね。

2735023

ライター名
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の記事

  1. iphone8battery_650-8ee2be62fdf0392ea223bae908a1e7fcff8acdcd
    カテゴリ 特集…
  2. mingolnikonama_650-6e20fa53b157345d965ae63b07ae23079dd458e6
    カテゴリ アプ…
  3. 07f5d9e6-7c0ee4186acb11d173ffe6b70d5d94a1181f72a2
    iPhone 8は9月12日発ŝ…
ページ上部へ戻る